結婚準備 賢い花嫁になるための準備段取りならおまかせ。意外と不安なマネープランなどもまるわかりでおトクに実現!

STEP1結婚準備

日程を決める
日本に伝わる“六輝/大安吉日”いわゆる「お日柄が良い、悪い」という話があります。大安、友引、先勝、赤口、先負、仏滅と6種類ありますが、やはり大安吉日の土日は、場所によっては1年前でも予約が取れない状況ですが、最近は、仏滅の日なら割引になることも多いので、あえてこの日を利用する方々も増えています。
ご挨拶
結婚の意志が固まった時点で、それぞれの両親に結婚したい旨の報告を各自が行った後、新郎&新婦揃ってそれぞれのご実家に挨拶に出向く。その際、訪問マナーには十分注意を・・・ここでの印象が後々に響く事に・・・会社関係者は、挙式などのために会社を休む場合は、きちんと早めに休暇届を出すべき。
結婚を機に会社を退職するのであれば、どんなに遅くとも2ヶ月前には報告&相談をしましょう。
仲人・媒酌人
【仲人】
結納日時・場所の設定から結婚式当日まで全ての段取りを取り仕きるご夫妻

【媒酌人】
結婚当日のみ、結婚式が滞り進むよう両家の代表者とし新郎&新婦のエスコート・プロフィール紹介を行うご夫妻
結納 / 顔合わせ
結婚の確約の儀式。婚約式。
両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということをいい、一般的には新郎家から、新婦家へ、お金と縁起物の品を納める。結納によって「結婚をします」という約束を正式に交わしたことになる。
地域によってその仕来りは様々である。現在では、格式張った結納を行わず、結婚式・結婚披露宴に先立って新郎新婦の両親や家族と共にする食事会などで、婚約の確認を済ませることも多い。また、仲人を立てないことも多い。