結婚準備 賢い花嫁になるための準備段取りならおまかせ。意外と不安なマネープランなどもまるわかりでおトクに実現!

申請・助成金関係

入籍 (婚姻届)
婚姻届は
「夫の本籍地」「夫の住所地(所在地)」「妻の本籍地」「妻の住所地(所在地)」
いずれかの役所にて提出することが出来ます。
その場合一時的な所在地でも認められるので、たとえばリゾート地や、ちょっと離れた場所で滞在をして結婚式をしてそのまま入籍というのもOKです。
また、年中24時間受付が可能なので(出張所などでは一部不可のところもある)
ふたりで相談して是非入籍日と時間にこだわってみては。。
転居届 (住民票の変更)
婚姻届を提出して安心と思ったら落とし穴です。
ほとんどの方が結婚と同時に住居を構えて..ということになるでしょうから住民票の移動手続きをしなければなりません。
婚姻届と住民票は別個のものでリンクはしていませんから、別箇に提出が必要です。
もっとも、婚姻届提出と同時に同居を開始する場合は、住民票を移動の手続きを同時に済ませることで、婚姻届の住所欄には新居の住所を記載することができます。
ですが別々の日に提出しても問題はないのですが、実生活に支障をきたす前に変更依頼をしておきましょう。
会社(勤務先)への報告
直属の上司にまずは報告をします。タイミングですができるだけ早いに越したことはありません。
少なくとも入籍を済ませてから報告というのは一般的にはあまりよくありません。
やじゃり入籍前1ヶ月前には報告するのがベストでしょう。
さらに、結婚と同時に退職されるようなことがあるのであれば、タイミングは更に早い方が良いです。
報告する時には上司も「結婚退職」するのか?しないのか?気になっていますから、その際に併せてはっきりと報告しましょう。
助成金関連
市区町村などによっては「結婚祝い金」制度がある自治体もあり5万円から10万円が相場。
住んでる自治体のWEBサイトなどをチェックしてみよう。