結婚準備 賢い花嫁になるための準備段取りならおまかせ。意外と不安なマネープランなどもまるわかりでおトクに実現!

演出アイテム・BGM

司会の選び方
おふたりのおもてなしの気持ちを代弁し進行してくれるとても重要な役割。
進行状況と場の空気を呼んだ進行が必要なので、経験を十分につんだプロが絶対お勧め。
司会者こそ、経験豊富な担当プランナーに相談して司会者を紹介してもらいましょう!
BGMの選び方 | 人気のBGM
同世代のご友人が聞き懐かしい曲だと自然と盛り上がります。
BGMは特に記録用ビデオ撮影に音が残せますし、シーンを盛り上げるためにはとても重要ですので、メリハリがでるよう選曲しましょう。
BGMで結婚式の雰囲気が変わるといっても言いすぎではありませんので、いろいろ視聴するなどして厳選し決めましょう。

【迎 賓】
ゲスト同士の挨拶や会話が弾む和やかな曲が良いでしょう。

【入 場】
サビの部分でドアオープンしましょう。

【プロフィール】
オルゴールなど歌詞なしの曲を選ぶとプロフィールが聞きやすいです。

【乾 杯】
乾杯の声と同時に流れるので、明るい雰囲気の曲が良いです。

【ケーキ入刀】
インパクトのある盛り上がる曲で。

【歓 談】
ゆっくりとお食事を楽しんで頂けるように、明るめの曲をセレクトしましょう。

【中 座】
ゆっくりと歩きやすい曲がオススメ!

【再入場】
入場のときよりも明るめの曲で、雰囲気をがらっと変えると面白いかも!?

【キャンドルサービス】
テーブルラウンドでは5曲程度用意しましょう。

【両親への花束贈呈、お手紙】
最も感動的な場面では、はしっとりとした曲でゲストの涙を誘いましょう。シメにもつながる大事なシーンですので、心癒される楽曲が人気です。

【退 場】
明るめの曲、もしくは感動の余韻を残したバラードも人気です。

【送 賓】
アップテンポな曲で明るく楽しくお送りしましょう。

BGMは披露宴の雰囲気を決める重要なポイントです、シーンを想像しながら選曲するといいですよ。