結婚準備 賢い花嫁になるための準備段取りならおまかせ。意外と不安なマネープランなどもまるわかりでおトクに実現!

ウエディングドレス

ウエディングドレスの基礎知識
・純白のウエディングドレスは教会式の正装
・お色直しで着るのがカラードレス
・2次会やウエディングに限らないパーティで着用するのがカクテルドレス
ウエディングドレスの種類
【Aライン】
アルファベットのAをかたどった裾がなだらかに広がったライン。
ウエストの位置が高い為、スッキリと細く見えるので人気のシルエット。

【プリンセスライン】
ウエストの切り替え位置から大きく膨らんだかわいらしく豪華なライン。広い教会や会場で映える。

【マーメイドライン】
人魚のように上半身からウエストの掛けて、体にフィットしたライン。
ウエストから裾部分にフリルを取り入れたデザインは、かわいさも演出できるのでカラードレスで取り入れる方も増えています。
レストランウエディングにおけるドレス
ドレスのボリュームが大きすぎると、思うように移動ができなくなります。
会場の大きさも考慮して、運命の1着を見つけてください♪
和装 | メンズフォーマル
格式の高い武家の礼装として『白無垢』『色打掛』『黒振袖』が着用された事で、
新婦の婚礼衣装として現在も受け継がれています。
新郎は『紋付・袴』でコーディネートをします。

【メンズフォーマル】
昼の正礼装モーニング・昼の礼装フロックコート(ディレクターズスーツともいう)・夜の最上級の正装テールコート・夜の礼装タキシード
時間帯によって着用するラインを決定するのが正式ですが、正式の場所でない限り最近では好みのデザイン着用するケースがふえています。
レンタル | セル | セミオーダー | オーダーの違い
【レンタル】
時間がかからず、高価なブランドドレスもリーズナブルに利用できる。
ただ借りるものなので、サイズ直しはほとんどできないと思ったほうが良い。

【セル】
プレタポルテとも呼ばれ、既に出来あがったドレスを購入。
リーズナブルなものからインポートまで種類が豊富。

【セミオーダー】
プレタクチュールともいい、デザインは同じで自分サイズに仕上げてくれる。
フルオーダーと同じ位期間を要するが割安で仕上がるのが魅力。

【オーダー】
デザイン・形・素材など全てデザイナーと相談し、仮縫いを経て作るドレス。
最低でも3ヶ月はかかるので、こだわりたいなら早めにオーダーを。